忍者ブログ
ゲーセンのゲームやクイズの事を書き綴っていこうと思います
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]


200万という数字も36面という数字も遥か先にあるものだと改めて実感しました(・_・;

そして、貴重な資料をご提供頂き有難うございました。
稼働中に有効活用出来ればと考えております。



曙を思い出さずにはいられない!
PR


「FANTASY」というキーワードは非常に希なんだとか。(wikiによる)
そういやプレイし始めて以来初めて見たんじゃないだろうか?



一発囲みに失敗したり、うっかり宝箱が開いちゃったり、と言った事が無ければ
※が3段目突入していたのでとても惜しい事をしました。

友人に結果を報告したら笑いを取る爆弾メールを返信されてまいりましたよ。
ズキョンキョン!w



10階前にシルバーマトックを使い切ってしまいましたがなんとかクリア。
23階辺りから宝の出し方を暗記出来ていないので、
全滅上等のスパルタプレイで完全暗記を目指した方が良さそう(^^;


新作が今日配信されると言う事なので、その波に乗ってみようと言うセコい選択。
カードを差し替えるだけなので手っ取り早いはずでしたが…



何故かステレオで鳴らない上に効果音も鳴っていない。
そう、魔物が潜んでいたのですw

そんなアホな…と筐体内を見たところ、手製のライン出力変換ケーブルのGNDクリップが
外れており、それを繋いだら無事解決。
毎回人を試す様なトラブルが起こるよな~…って、オレが悪いのか(ー ー;)

曲調と音色故かステレオで音量大きめだと没入感が結構あります。



設定はいつものスタイルで。



密度は変えられないけど幅と位置は調整しました。



自分ではやらなかったけど、当時通っていた神田ウェーブで友人が1クレクリアまで
漕ぎ着けていたので、間接的ながら思い出のタイトルって事になるのかな。

しかし、16年後に新作が出るって一体どんな理由なんだろう?


JAMMAコネクタのRGB付近の接触に問題があるのか、
ハーネスを揺さぶると映像が乱れるので手持ちのブラストハーネスと交換。
これでコネクタをグリグリしたりハーネスを揺さぶっても映像が乱れる事は無くなりました。



問題のあるハーネスは現在画策している「リブ○ラ○ル外付けスピーカー計画」に
部品取りとして流用の予定。
了承は得ているのであとは作るだけなのですが、日々の疲労がある中、
どうやって自分の重い腰を上げるのかが一番の課題ですね(ー ー;)


今日もせっせと囲んじゃう。
素人殺しの4本杭は無事クリア。



100万近くなってから急にミスが多くなって「無理なのかな…」と思ったけど、
クラウンが出なくても100万到達出来ました。



昨日にも増して(素人なりの)攻めのプレイを心がけたからか※は13。
「ニック、よくやった」
「やったぜ!」
って感じです(^^)

目指すところは「あの月の向こう側」(そりゃブルー・スリーのセリフだw)ならぬ
杭のパターン1周(40面?)ですが、36面という高い壁が存在するらしいので
心得の無いオレがどこまで頑張れるか甚だ怪しいもんです(^^;


誤植と言えばゲー○ストと思われがちですが、ベー○ガでも誤植はありました。
1942の記事だったと思いますが、漢字では「亜也虎」と表記されているのに
読み仮名は「マヤコ」と表記されており、「亜」と書いて「マ」と読む場合もあるのか…と、
とても真面目に受け止めた事がありました(^^;

手連でブランクがあるとは言え、長門(15面かな)…あわよくば大和の艦隊戦途中までは
行けるよな~なんて思っていたら、8面から出始める中型機の真横からの特攻を
ものの見事に忘れていたお陰で8面で終了と。

個人的には「1987年夏のタイトル」の1つなので懐かしい気持ちでプレイ出来ました(´。`)


パンストむれむれ
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/21 fetuartiedall]
[07/31 私]
[07/31 TS]
[07/05 ゲーセン皆無の地より]
[07/04 私]
最新TB
プロフィール
HN:
H S
性別:
男性
自己紹介:
シャロンみたいな人々、
二次元でランガード有りのやつ、
ゲーセンのゲームが好きです。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析